先生方の紹介

​ユマニテがお世話になっている先生方をご紹介します。

  • 常任指揮者 小林 雄大

  • ソプラノヴォイストレーナー 平井 香織

  • アルトヴォイストレーナー 淀 和恵

  • テナーヴォイストレーナー 鹿内 芳仁

  • ベースヴォイストレーナー 成田 眞

​常任指揮者  小林雄大
 

埼玉県出身。東京音楽大学音楽学部音楽学科音楽教育専攻卒業。声楽を平田栄寿、石井義信、ピアノを草川宣雄、土屋絵里、水野義子の各氏に師事。

大学在学中より日本テレビ「『進ぬ!電波少年』ママさんコーラス隊」を始め、様々な合唱団で指導、協力。ソリストとしてもバッハのカンタータ、モーツァルトのレクイエム、ベートーベンの合唱幻想曲等で出演。劇団ベンクロフトの第8回公演ミュージカルス「わたしはピアニシモ」に歌唱指導、出演。赤坂ACTシアターでの舞台「ロミオ&ジュリエット」に歌唱指導で参加。またゲーム「信長の野望」シリーズを始め、「CRISIS CORE -FINAL FANTASY Ⅶ-」、「大乱闘スマッシュブラザーズX」、「ポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーン」、劇場版「魔法戦隊マジレンジャー」、アニメ「ガラスの艦隊」、「パズドラクロス」、劇場版「パズドラ」、CM「タカラレーベン」、映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱-」等、数多くのスタジオレコーディングに協力、参加。PRESS START -Symphony of Games-に協力、出演。

現在、一橋大学津田塾大学合唱団ユマニテ常任指揮者、ユマニテビステルコール客演指揮者、女声合唱団さくら(墨田区)常任指揮者、浦安女声合唱団(浦安市)副指揮者、JSKCY(横浜市港北区)理事、東京東信用金庫合唱部(墨田区)、江戸川第九を歌う会(江戸川区)など、様々な合唱団で指導、協力。様々なCMやTV番組、アニメ等のスタジオレコーディングにも積極的に協力、参加。2021年より歌人三昧サマディに加入、レコーディングリーダーを務める。また楽譜作成ソフトウェア”finale”を用いた楽譜の移調作業、音取り音源作りも行う。幅広い活動を展開している。

​ソプラノヴォイストレーナー  平井香織

国立音楽大学卒業、同大学大学院リート科修了。二期会オペラスタジオ34期修了。東京室内歌劇場公演「奥様女中」セルピーナでオペラデビュー。以降「ハムレット」オーフェリア、「魔笛」夜の女王、「ランメルモールのルチア」「ラクメ」表題役、「カルメル会修道女の対話」ブランシュ、「夕鶴」つう等に出演。近年では新国立劇場での活躍が顕著で2002年「ワルキューレ」に出演以降、「ラインの黄金」「神々の黄昏」「エレクトラ」「カルメン」「こうもり」「影のない女」等に出演。コンサートにおいても「レクイエム」「グローリア」「メサイア」「第九」「ミサ・ソレムニス」等数多くの宗教曲のソリストとして活躍している。その他、小澤征爾指揮者「ファウストの劫罰」、大野和士指揮者「ヌシュ・ヌシ」、準・メルクル指揮「ヴィーナスとアドニス」、シャルル・デュトワ指揮「エレクトラ」、ダン・エッティンガー指揮「復活」等、著名指揮者や主要オーケストラとの共演も多く、着実に実績を積み重ねている。国立音楽大学非常勤講師。
アルトヴォイストレーナー  淀和恵

国立音楽大学声楽学科卒業。同大学大学院オペラコース修了。砂川稔、桑原英子、疋田生次郎の諸氏に師事。第16回日本クラシック音楽コンクール入賞。

数度にわたりイタリアにおいて研鑽を積み、日本各地でのコンサートに出演しリサイタルも開催している。

オペラでは国立音楽大学大学院オペラ「コシ   ファン  トゥッテ」ドラベッラ役でデビューし、「フィガロの結婚」ケルビーノ、「魔笛」クナーベ、「ランメルモールのルチア」アリーサ、「リゴレット」マッダレーナ、「ファルスタッフ」メグ、「蝶々夫人」スズキ等を演じた。

またコンサートでの活躍も多くペルゴレージ「スタバトマーテル」、ヘンデル「メサイヤ」、ハイドン「ネルソンミサ」「戦時中のミサ」、モーツアルト「レクイエム」、ベートーヴェン「交響曲第9番」、シューベルト「ミサ曲第5番」、ドヴォルザーク「レクイエム」等のソリストを務めている。二期会会員。

テナーヴォイストレーナー  鹿内芳仁

青森市生まれ。国立音楽大学声楽学科卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻(オペラ)修了。日本オペラ振興会歌手成部特待生第13期生修了。声楽を大谷洌子、田島好一、布施隆始、渡邊誠の各氏に師事。指揮法を高田三郎、溝上日出夫に学ぶ。ソリストとして92年国際音楽ヤングプラハ日本代表、94年イタリアモナコ歌劇場にてオペラ「オリーヴォとバスクァーレ」、香港日本人倶楽部チャリティーで「モーツァルトレクイエム」「ベートーヴェン第九」「ブッチーニグローリアミサ」、平成11年度国際交流基金日本文学派遣事業によるオペラ「KIG」のベトナム、トルコ公演に出演、日本クラシックコンクール声楽部門、東京国際声楽コンクール審査員、東京都合唱祭はじめ世田谷区合唱祭、台東区合唱祭、府中市合唱祭他、都内・地方中学校校内合唱コンクール特別審査員などで活動している。また、北辰一刀流玄武館にて剣術初段を持ち、演芸部門の北辰一刀流撃剣会の理事長。ユマニテにおいては平成3年からヴォイストレーナーとして指導している。現在、国立音楽大学附属中学・高校声楽・合唱講師、日本合唱指揮者協会会員、日本オペラ振興会藤原歌劇団正団員、日本演奏連盟会員、東大和市音楽連盟会長歴任。
ベースヴォイストレーナー  成田眞

愛知教育⼤学教育学部を経て、東京芸術⼤学⾳楽学部声楽科卒業。同⼤学院オペラ科修了。学⽣時代より活動の場を広げ、これまでに内外の著名な指揮者、交響楽団との共演は枚挙に暇がない。⼤野和⼠指揮・東京フィル「オペラ・コンチェルタンテ・シリーズ」、⼩澤征爾指揮「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」「東京のオペラの森」等にも定期的に出演。96,97年には豪シドニー・オペラ・ハウス「第九」、05年には墺・楽友協会ホールに於いてのヴェルディ「レクイエム」のバス・ソロ、⽶カーネギーホールに於けるモーツァルト「レクイエム」のバス・ソロとして招聘され、その声は海外にも披露され好評を博した。また、数々の合唱団のヴォイストレーナーとして活躍。後進の育成にも⼒を注いでいる。