パート紹介

​今年度のパートリーダーさんに、パートの紹介をしてもらいました。

ソプラノ​
ソプラノは合唱の中では一番高音域で、メロディーラインを歌うことが多いパートです。音域が高い分、声を合わせるのは難しいですが、お互い息を合わせて透き通るような美しい響きを生み出せた瞬間は、とても素晴らしいものです。ソプラノのメンバーは個性豊かで魅力的な人が多く、練習時はみんなで楽しみながら賑やかに練習をしております。透き通るような美しい歌声を目指し、演奏会で皆様に温かく美しい最高のパフォーマンスを披露できるよう日々努力してまいります!

アルト

アルトとは女声の低い方で、合唱では主にハーモニーを作る役割を担っているパートです。ある時は複雑な音の動きに惑わされ、またある時は低音を美しく響かせることに苦心し、これまたある時はアルトにしては高い音域にビビるなど苦労することもありますが、他のパートときれいに音が重なった時の達成感はとても大きいです。もちろんおいしい主旋律を担当していることもあります。ところで、例年アルトは明るく楽しい人が多い傾向にあるようです。私たちは今年も楽しく練習していきたいと思います。

テノール
テナーは男声の高い方です。曲の中では基本的にハーモニーを作る役割を持ちながら、ときどき回ってくるメロディも歌うこともあります。混声のなかでは内声として、男声のなかでは高声として、全体のバランスを考えながら試行錯誤し、おいしいところは高らかに歌い上げる、色々な角度から合唱と向き合うことができるパートといえるでしょう。皆様の心に届くパフォーマンスに貢献できるよう、日々努力してまいります。

​ベース
ソプラノやテノールのようにいわゆる花形という役割ではありませんが、ベースは多くの場面で和音を構成するにあたって基本となる音を担当するパートであり、合唱では縁の下の力持ち的な役割を果たします。誰が貼ったのか我々の練習拠点の音楽練習室には「ベースとは礎である」と書かれた紙が。言い得て妙とはこのことか。ただ目立ちたい気持ちもあるので、たまに主旋律を歌うときは嬉しくなってみんなドヤ顔で歌います(偏見)。メンバーは毎年個性派ぞろい。実に楽しく愉快なパートです。